2010年03月11日

チリ大地震、M8.8に修正=気象庁が再解析(時事通信)

 気象庁は9日、チリ中部沿岸で2月27日に発生した大地震について改めて解析した結果を発表した。同庁は規模(マグニチュード=M)をこれまで8.6としていたが、米地質調査所(USGS)の推定と同じ8.8に修正した。震源の位置は南緯36度2分、西経72度35分とやや異なり、深さはUSGSの35キロに対し、約20キロと浅い。
 チリ沿岸部では、太平洋側のナスカプレートが陸側の南米プレートの下に、年間平均約9センチの速度で沈み込んでおり、プレート境界で繰り返し大地震が起きている。気象庁は今回、この境界が長さ約500キロ、幅約200キロの範囲で、最大8〜11メートル滑ったと推定した。 

【関連ニュース】
【特集】2010年チリ大地震〜M8.8の巨大地震〜
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震〜日本にも津波〜
津波避難6.5%=公民館などでの確認数

今年を「うるう年」と誤認識…PS3障害(読売新聞)
雪で電柱折損、断線…山梨県内で4000世帯が停電(産経新聞)
普天間問題、官房長官も米大使も「トラスト・ミー」(産経新聞)
城東の強盗事件 容疑で男逮捕 ゲームソフト店(産経新聞)
殺害の報酬?自衛官の妻、男に数千万円渡す(読売新聞)
posted by wb7dp8zuie at 16:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。