2010年01月15日

大阪府と政令2市が連携会議設置へ 学力向上やいじめ対策で(産経新聞)

 大阪府と大阪市、堺市の教育長が14日、大阪府庁で会談し、人事交流や学力向上策で協力を進めるほか、共同して暴力行為やいじめなどの対策に取り組む「生徒指導連携推進会議(仮称)」を設置することなどで合意した。これまで教育施策は、政令市の両市教委は府教委とは別に実施しており、3教委が事業連携を行うのは初めて。

 会談後、大阪市教委の永井哲郎教育長は「それぞれでやるよりも一緒にやる方が効率良くできることもある」。府教委の中西正人教育長は「互いに学び合い、大阪の教育がよくなるように連携したい」と語った。

 同会議は平成22年度の設置を予定。非行防止のための警察との協議も別々に行っていたが、3教委が連携を進めるという。

【関連記事】
[学力テスト] 鳥取知事、抽出方式を批判 「確認手段なくなる」
[体力テスト] 対策遅れの大阪と素早い対応の高知で明暗
日教組の組織率、最低の27%に 28万人を切る
死ぬのをやめた体験記録 『生きテク』反響どこまで
倉吉北は対外試合禁止1年 再び部内暴力やいじめ

東京地検、小沢幹事長「陸山会」と「鹿島」捜索(読売新聞)
入院基本料の「適正化」、引き下げなら反対−日医(医療介護CBニュース)
<陸山会土地取引>家宅捜索 ものものしい雰囲気の議員会館(毎日新聞)
<小沢幹事長>地方行脚を開始 自民支持層取り込みへ(毎日新聞)
三笠宮寛仁さまが入院(時事通信)
posted by wb7dp8zuie at 17:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。