2010年03月17日

国保の不正加入 都が実態調査へ(産経新聞)

 東京都が認可する国民健康保険組合(国保組合)に多数の無資格加入や偽装加入が疑われるとして、都は来年度から、補助を行う国保組合団体への指導監督を強化し、不正の有無について実態調査に乗り出す方針を固めたことが11日、分かった。都議会予算特別委員会で、公明党の谷村孝彦都議の質問に答える。

 国保組合への無資格加入をめぐっては、全国建設工事業国保組合(本部・東京都)で、多数の建設業に無関係な加入者がいることが発覚、都と厚生労働省が本部などに立ち入り検査を実施している。無資格加入の原因には、市町村国保より安いなどの背景がある。

 都が認可する国保組合団体は、23万人が加入し都の補助金を占める東京土建国保(新宿区)や、東京都医師国保(中央区)など22団体で、都からは計68億円の税金が投入されている。

<東京モノレール>レールの下に人 上下線全線運転見合わせ(毎日新聞)
「核持ち込み艦船の寄港ない」  政府説明は「嘘を含む不正直」(J-CASTニュース)
関空出国エリア 改修セレモニー(産経新聞)
「影響、十分開示を」 温暖化法案で経団連会長が負担増に苦言(産経新聞)
切手1枚偽造に1時間 会社社長を逮捕(産経新聞)
posted by wb7dp8zuie at 15:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。