2010年03月25日

チンパンジーは空気よむ? 仲間の視線に敏感 京大が初解明(産経新聞)

 チンパンジーは、ヒトの視線にはつられず仲間の視線にだけ敏感に反応することを、京都大学霊長類研究所の服部裕子研究員のチームが世界で初めて突き止め、24日付(日本時間)の英科学誌「バイオロジー・レターズ」(電子版)に発表した。ヒトの場合は、相手がチンパンジーでもヒトでも、相手につられて視線を動かすことも確認した。

 研究チームは、ヒトとチンパンジーそれぞれが、正面を見ている▽左右いずれかの茶碗(ちゃわん)に顔と視線を向けている▽左右いずれかの茶碗を手で差し示している−画像計10枚を用意。モニターに画像を1枚ずつ映し出して、ヒト8人とチンパンジー8匹に見せ、赤外線で視線の動きをチェックした。

 その結果、ヒトはすべての画像で視線が反応したのに対し、チンパンジーは仲間が茶碗を見つめている画像では同じ方向に視線を向けたものの、ヒトの画像では視線がつられなかった。手で指し示した画像には、ヒトでも反応した。

 研究チームは、ヒトの手の動きにつられたのはジェスチャーが大きかったためとしたうえで、「チンパンジーは、生存競争に勝ち残るには仲間が興味を示しているものが自分にとっても重要な情報であると判断し、視線に敏感に反応している可能性がある」と分析。今後は画像ではなく実際にチンパンジーやヒトと対面させて実験し、「より複雑なジェスチャーへの反応を確認し、視線の仕組みをさらに深く解明したい」としている。

【関連記事】
チンパンジーは自分の名前を判別 滋賀県立大学などの研究で判明
「心」を変えてヒトは進化する チンパンジーとの差極少
求めに応じ道具を手渡し チンパンジーに高い知性
チンパンジーも和音好む?九州大が赤ちゃんで実験
チンパンジーの学習公開 パネルの前で個性豊かに
医療最前線 ドラッグ・ラグの行方

JR不採用、和解金2400万円…政府解決案(読売新聞)
結果次第で見直し?6月までに子ども手当試算(読売新聞)
波元会長にきょう判決=無罪主張、求刑懲役18年−「円天」詐欺事件・東京地裁(時事通信)
【暗流 公益法人の闇】黒澤財団、寄付金流用(産経新聞)
狩野探幽 水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
posted by wb7dp8zuie at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。