2011年01月19日

成人おめでとうございます!

先週は成人式でしたね。
今年成人を迎えたみなさんおめでとうございます!
明るい将来を作っていってほしいです。

でも新年早々、就職率の低下や景気の低迷など暗いニュースが多い!
当たる 占いでちょっとだけ先を見てみるのもよいかもしれません。

一攫千金を狙ってここはひとつ競馬予想 比較なんてのもあり?
最近だと 1月23日のアメリカジョッキークラブカップ(GII)【中山競馬場】ですかね。
今年一年を展望する中距離重賞!
2007年優勝のマツリダゴッホ、2001年優勝のアメリカンボス、2008年優勝、2009年2着のエアシェイディ・・・
目が離せない存在になりそう♪

だけどイマイチ元手が心配なわたくし。
クレジットカード現金化 体験談を読んで利用しようと思いました。
クレジットカード現金化とは急な事情で現金必要なときに、クレジットカードのショッピング枠を現金に取り換えるサービスです。
業者が指定する商品を購入すると、商品と引き換えに現金を80%〜95%の割合でキャッシュバックしてくれるという仕組みです。
クレジットカード現金化 比較して賢く利用しましょう。
そして一攫千金狙います!

posted by wb7dp8zuie at 14:09| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

琴光喜関を再聴取へ=賭博関与で警視庁(時事通信)

 大相撲の大関琴光喜関(34)=本名田宮啓司、佐渡ケ嶽部屋=が野球賭博への関与を一転して認めたことを受け、警視庁は14日、琴光喜関本人を再聴取する方針を固めた。同庁は賭博を通じた暴力団との関係など疑惑の解明を進める。
 賭博疑惑は、先月20日発売の「週刊新潮」が報じた。琴光喜関が5年以上前から賭博の常連となり、暴力団関係者から口止め料を払うよう恐喝されていたという。
 捜査関係者によると、警視庁組織犯罪対策3課は報道以前に情報を入手。夏場所中の先月22日、取組後に琴光喜関から事情を聴いたが、「知らない」と繰り返し、関与を否定していた。 

【関連ニュース】
申告力士らの聴取検討=大相撲野球賭博問題で警視庁
複数の力士が野球賭博=相撲協会に申し出
「チケット流出経路の把握を」=暴力団幹部の大相撲観戦で文科相
2親方「認識不足」強調=相撲協会、27日処分
「ここは公邸」と張り紙=カジノ店摘発直前に元外交官

警視庁警部補を逮捕=17歳少女にわいせつ行為(時事通信)
警察に電話「養子縁組、狙われてる」 遺体発見女性の携帯に履歴(産経新聞)
口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)
病院53歳部長を逮捕 元カノ27歳に脅迫・中傷メール(産経新聞)
女性賃金は男性の7割弱…男女共同参画白書(読売新聞)
posted by wb7dp8zuie at 13:19| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

<民主党>枝野幹事長に党内から異論(毎日新聞)

 ◇「非小沢」新トロイカ模索

【明快図説】親小沢・非小沢の党内勢力

 民主党の新代表に選出された菅直人前副総理兼財務相(63)は4日、衆参両院本会議で、第94代首相に指名された。菅首相は党役員・閣僚人事に着手。菅氏周辺によると、後任の財務相に野田佳彦前副財務相の昇格を検討。官房長官には仙谷由人前国家戦略担当相が固まった。党幹事長には枝野幸男前行政刷新担当相を起用する意向だが、党内には異論があり、調整を続けている。また、荒井聡前首相補佐官(64)の入閣が有力になった。菅氏は7日に党人事、8日に組閣を行う方針で、菅内閣は同日中に発足する見通しだ。【竹島一登】

 鳩山由紀夫前代表、小沢一郎前幹事長とのトロイカ体制。「野党の時代にはそういう表現があったが、政権に入ってからはあまりなかった」。4日夕の記者会見で菅直人首相は、06年の小沢氏の民主党代表就任以来、党運営、政権運営の基軸となってきた3人の関係は、昨年の政権交代を機に過去のものとなったと位置づけた。

 菅首相が新たなパートナーとして誇示したのは仙谷由人前国家戦略担当相、枝野幸男前行政刷新担当相。党代表選勝利後、国会内の党代表室に入った菅氏はまず2人を呼び入れ、「新トロイカ」を印象付けようとした。

 菅氏は4日夕、党本部で代表就任の記者会見に臨んだ。「内閣の一体性、党としての全員参加を可能にする人事を目標に進めたい。報復(人事)は考えていない」と強調した。

 しかし、仙谷、枝野両氏と、野田佳彦前副財務相は小沢氏の党運営に批判的だ。菅氏は会見で、小沢氏主導で廃止された政策調査会を復活させ、「政調会長が閣内の役職を兼ねることをもう一度検討してもいい」として国家戦略担当相などで入閣させる考えも示した。

 政調廃止には「党の政策が反映できない」との不満がくすぶっていた。非小沢系の要職登用や政調復活は、党や政権運営から小沢氏の影響力排除を図りたいとの狙いがあった。

 伏線がある。2日夜。仙谷、枝野氏が属する前原誠司前国土交通相のグループの会合で、前原氏は「小沢氏と手を握った上での出馬か確認したが、菅氏が『それは違う』と言った。それを信じたい」と説明。支援の条件として(1)小沢色の払しょく(2)党人事の刷新(3)日米協調の3点を提示。菅氏の側近議員によると、これを受け入れた菅氏が3日夜、東京都内のホテルで仙谷、枝野両氏と会談。この時点で「仙谷官房長官」「枝野幹事長」の構想が固まったとみられる。

 菅氏の「小沢色払しょく」は参院選対策だ。参院選で惨敗すれば、求心力は急速に低下し、9月の党代表選は乗り切れず暫定政権となる可能性が高まる。局面転換には「小沢氏からの脱皮」をアピールする必要があった。

 ◇小沢氏「参院選後、先頭に」

 「小沢路線」からの大転換を図ろうとしている、とみた小沢氏に近い議員らは反発。高嶋良充参院幹事長は記者団に対し、「枝野幹事長」情報に「露骨な論功行賞や身内だけを集めた人事をすれば由々しき事態だ」とけん制。小沢氏は「菅降ろし」ととれる言動を始めた。

 「次に同じような戦いがあったとき、もう一度団結すれば過半数を制することは決して不可能ではない」。小沢氏は4日夜、小沢氏支持のグループの会合で9月の党代表選に独自候補を擁立する考えを表明した。

 また、盛岡市での参院選総決起大会に寄せたビデオメッセージでは「参院選に勝利し、政権を安定させることで初めて本当の改革が実行できる。私はその時、先頭に立ってがんばっていきたい」と復権に意欲を示した。

 「本格政権」を目指す菅氏と「暫定政権」にとどめようとする小沢氏の駆け引きは激化の一途をたどる。

 抗争ぼっ発は、菅氏支持派にも波紋を広げた。親しい議員の一人は菅氏に「党内をまとめる上で枝野幹事長はまずい」と進言。これまで菅氏は「政治とカネ」問題でも小沢氏への直接的な批判を避け、小沢氏側に軸足をおいてきた経緯がある。「非小沢」へと急旋回すれば党内に混乱を起こし、禍根を残す−−。そんな危惧(きぐ)もじわりと広がり始めた。【須藤孝】

【関連ニュース】
【写真で見る】最初は負け戦だった 菅直人の歩み
政治:菅首相誕生でB型肝炎訴訟解決に期待 道内関係者
菅首相:誕生 市民運動が原点 さきがけ入党転機、信念は「政治主導」
100人アンケ:衆院選で民主に投票、「参院選も民主に」は半数強/容易ではない新政権の船出
菅首相誕生:「明るく、責任感強い男」中学時代の同級生が語る/表彰状なくしたエピソードも

G20、代理出席も厳しく=内閣総辞職で空白に(時事通信)
<位置ゲー>コレクター心理刺激 ハマるGPS携帯ゲーム(毎日新聞)
“神鹿襲撃”飲食店主の浅はかすぎる動機とは…(産経新聞)
<詐欺罪>山内議員元秘書、詐取1件認める 東京地裁初公判(毎日新聞)
覚醒剤所持容疑、済生会福岡病院の医師逮捕 「使うため持っていた」(産経新聞)
posted by wb7dp8zuie at 16:24| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。